四季の便り

茶の花

常緑の葉に、真っ白な花。おしべの黄色がほのかな温かみをそえます。

風景が褐色になっていく中、目に眩しく映ります。

 

茶の湯ではこの時期、口切りの茶事が行われます。

全てを一新する茶人の正月として、炉を開き茶壺を開けるのです。

初夏に詰めたお茶は熟成により味もまろやかに。

冬の初め、臼でひきたてのお茶を楽しむ贅沢な時間です。