四季の便り

藤袴(フジバカマ)

秋雨の工房を歩くと、ふわりと香る草花があります。葉とともに赤く色づいた藤袴でした。
今年は蕾がまだ開かず紅葉の季節を迎えてしまいましたが、優しい香りで秋の深まりを教えてくれます。

藤袴はキク科の植物で秋の七草にも数えられ、色々な蝶が好む花としても知られています。
晩秋になると花の少ない季節ですから、香りに誘われやって来るのでしょうか。陽だまりにひらひらと舞う蝶の姿が想われます。

なに人か きてぬぎかけし藤袴 くる秋ごとに 野べをにほはす(古今集)