四季の便り

卯の花

白い星型の花を鈴なりにつけ、早朝より沢山の虫達を呼び寄せています。
この時期の山道の脇には、卯の花が垂れかかるように咲き誇っています。

卯の花は、卯月(旧暦の四月)に咲くことからこの名がついたと言われています。
別名ウツギといいますが、これは幹の中が空洞であるから空木。葉が落ちてからの冬場の剪定では、木の名前が分かりにくいのですが、空洞があるとすぐにウツギと分かります。

卯の花も いまだ咲かねば ほととぎす
佐保の山辺に 来鳴きとよもす
《万葉集巻8-1477》

ここ恵那の山里も、ホトトギスの声が響き渡っています。