四季の便り

栗名月

晴れた夜空に 、十三夜の月が少し控えめで奥ゆかしく輝いていました。

旧暦九月十三日の月を栗名月と呼びます。

中国伝来の八月の中秋の名月に対し、日本独自の風習だそうです。

収穫物に合わせ、十五夜には里芋等を、十三夜は栗や豆を供えるようです。

 

明るい月に誘われて野を駆け回る兎です。

十三夜と先日の眩しいくらいの満月に、いつもより大きめの月となりました。