四季の便り

桔梗(ききょう)


涼しさに再び桔梗が咲き始めました。

濃い緑の木々の中、紫の鮮やかな色が目を引き、夏の終わりと秋の気配の狭間で揺れているようです。


秋の七草にも数えられる桔梗ですが、万葉集では朝顔と呼ばれていたとも。


朝顔は 朝露を負いて 咲くといえど

夕影にこそ 咲き増されけり